農耕機用タイヤ、荷車用タイヤ、リヤカータイヤの仕入れ販売のことなら荷車用 農機用タイヤ販売 どっとこむにお任せ!
荷車用 農機用タイヤ販売どっとこむ
 KBL製ゴムクローラー キャッシュバックキャンペーン
荷車用 農機用タイヤ販売どっとこむのトップページ 荷車用 農機用タイヤ販売どっとこむの取り扱い商品一覧 ご注文から商品が届くまでの流れを説明 初めてご注文されるお客様向け、ご注文方法の説明(メール・ファックス) 荷車用 農機用タイヤ販売どっとこむからのお知らせ トピックス 中部産業株式会社の会社案内
農機用タイヤ
トラクター用タイヤ
耕うん機用タイヤ
田植え機用タイヤ
運搬車・作業機用タイヤ
芝刈機・ゴルフカート用タイヤ
収穫機・バインダー用タイヤ
インプルメント用タイヤ
ゴムクローラー
ハラックス製品
リヤカー用タイヤ
26x2 1/2 リヤカータイヤ
26x1 3/4 実用車タイヤ
20x2.125 20x1.75 リヤカータイヤ
18 16 14インチ リヤカータイヤ
アルミ製折り畳み式リヤカー
荷車用タイヤ
セニアカー用タイヤ
260x85 セニアカー用タイヤ
260x85 ノーパンク セニアカー用タイヤ
一輪車用タイヤ
325-8 一輪車用タイヤ
13x3 一輪車用タイヤ
フォークリフト用タイヤ
空気入り フォークリフト用タイヤ
ノーパンク フォークリフト用タイヤ
タイヤチューブ
 
 お問い合わせ(E-mail)
 お問い合わせ(FAX)
 
 お客様の声
 お客様の声(インタビュー)
 
 よくあるご質問
 農機用タイヤの寸法について
 タイヤ寸法について
 荷車用タイヤ諸元表
 チューブについて
 農機用タイヤ交換方法
 リヤカータイヤ交換方法
 荷車用タイヤ交換方法
 
 ご注文の流れ
 初めのご注文
 お支払について
 特定商取り引き法
 会社案内

初めてご注文されるお客様向け、ご注文方法の説明(メール・ファックス)
 
トラクター用タイヤの交換方法を図解で説明
ファルケン(オーツ)製トラクター用タイヤ 送料バリューパック
オーツ製バインダー・収穫機用ワムラスタイヤ 生産中止品
ハラックス製 アルミ農用台車の販売
KBL製ゴムクローラー取扱い中 パワクロ・トラクタ・運搬車・コンバイン・除雪機・ハーベスター
 トップページ > 

農機用タイヤ(トラクター用タイヤ)の交換方法を図解で説明


1.農機用タイヤの外し方

タイヤの空気を抜いてビードを落とします

       先ず空気を抜いてビードを落とします。今回は、チェンジャーを使用しています。
       無い場合は、リム部をハンマーなどで叩き落としていきます。


ビードを落とす時はチューブのバルブ破損に注意 バルブの位置に気をつけてビード落しでホイールからタイヤのリムを裏表ともに落としていきます。

ハンマーでは同様に裏表を円状に叩いて回しホイールから外れ易くしていきます。
中のチューブに気をつけて落とします。  


ビードを足で踏んでレバーでめくります レバーを2本使って順々に外していきます
ビードを足で踏んで落として回していき、順々にリムを起こしていきます。


レバーで中のチューブを破損しないように 半分以上外れたら手で外せる状態になります
足で固定し回しながらチューブに気をつけながら、リムを起こしていきます。


ビードが全部上がったら次はチューブを抜き取ります

        更にリムから外していきます。リムからタイヤを外したら次はチューブを抜きます。


タイヤを持ち上げながら順々にチューブを引き抜きます ある程度チューブを持ち上げているとスムーズに出来ます
チューブを引き抜いていきます。


チューブが抜けた状態です
チューブが完全に抜けました。


もう一つのビードを外します レバーを裏面から使います
表のビードを外すより簡単に出来ます 裏からリムに引っ掛けタイヤからホイールを外していきます。
ある程度まで起こしたら手で外せます。
 

ホイールが外れた状態です
完全にホイールのみに外れました。




2.農機用タイヤの組み方

リム組の前にホイールのリム部分の錆などを落としておきます ワイヤーブラシで削ると能率が良いです
       タイヤのリム組みの前にリムのごみや汚れをワイヤーブラシ等で取り除きます。
     農機用タイヤは経年数もかなり経ったものも多いのと、泥などの汚れなどが目立つ
     のできれいにします。


タイヤをホイールのリムに組み込む際に、潤滑剤を塗布するとすべりが良くなります。

 
ブリヂストン製ビードクリーム >>> こちらをご覧ください

タイヤを組み込んでいきます(回転方向に注意)
        ホイールリムをきれいにしたら回転方向に注意してタイヤをのせます。
        そしてリムをハンマーで叩きながらホイールのリムに入れていきます。
        気をつけないといけないのは、ホイールのリムを叩いてしまうことなので、注意
        してタイヤのリムだけを叩いて落としていきます。


下のビードを入れるのは外すより簡単です
完全に片側は入りました。次はチューブを入れていきます。


予めチューブに空気をいれておくとチューブを入れやすいです 最初にバルブからチューブに入れていきます
  入れる前に少し空気を入れておきます。   バルブ位置に気をつけて入れていきます。
チューブがねじれたりしていないように確認しながら作業します トラクタータイヤの中にチューブが入った状態です
チューブを入れた状態に。 


バルブが抜けたり、移動しないないように固定します
      チューブのバルブが動かないように、バルブインサーター等を用いて固定します。
      表側のリムをはめていきます。手に持ったハンマーでリムを叩いて入れていきます。


タイヤのサイド部分を足で踏んでバルブから遠い所からリムに入れ込んで行きます 最後にバルブ分のビードが落ちていく要領で行います
タイヤのリム部を足で押さえて落としていきます。


足で踏んでいる部分のビードを踏んでいないとスムーズにいきません
           足で固定しタイヤのリムをハンマー等で叩いてリムに落とします。
           ここでもホイールに打ち付けないように十分注意します。


リムをゆっくり落とし込んでいきます リムを順番に落とし込んでいきます
リムを落とし込みしていきます。
タイヤとホイールの内側にチューブを挟まないように バルブ部分がタイヤとホイールに挟み込みやすいので注意
足でも調整しながらリムを落とし込みしていきます。 
全周チューブが挟まっていないかを確認します バルブ部分も確認します
リムがしっかり落ちているか確認します。 
タイヤ・ホイール・チューブのセットが完了です 
リムがしっかり入りました。 


タイヤの中に空気を充填します バルブ分がバルブ穴に落ち込まないように注意
空気を入れます。バルブが中に入らないように押さえながら入れます。


空気圧は、農業機械に記載している空気圧に調整して下さい。

トラクター用タイヤの交換作業が終了しました
完成です。お疲れさまでした。



トラクター用タイヤ交換の名人

ご紹介



今回タイヤの交換作業して頂きました
鶴見タイヤさんです。 


大変、ありがとうございました。


                          ●農機用タイヤを探す >>> コチラ




サイト名  荷車用 農機用タイヤ販売どっとこむ
運営  〒457-0821 愛知県名古屋市南区弥次ヱ町3-56 中部産業株式会社
E-mail 直接メールアドレス  下記のアドレスへE-mailして下さい。(24時間・365日対応)
 chubu-sangyo@sangyo-syarin.com
FAX  お問合せFAX用紙
(PDFファイル) 
 左記PDFファイルを印刷して頂き、ご記入の上送信下さい。
 FAX 052-611-1097(24時間 365日対応)
TEL お電話でのお問合せ  TEL 052-611-1087 へお電話下さい
※E-mail・FAXでのお問い合わせは、営業日にご回答させて頂きます。
※「PDF形式」の文書をご覧頂くには、別途「ソフトウェア AcrobatReader」が必要となります。
  Adobe社のホームページから無料でダウンロードが出来ます。

copyright 2014 中部産業株式会社 ALL Rights Reserved